必要最低限のマナー

就職活動が進んでいくと、各企業の人事担当者などと接する機会が増えてきます。この時最低限のマナーをしっかりと守っていなければ、すぐにでも不合格となってしまいます。就職活動では企業研究や一般常識の知識を広げていくことも重要になってきますが、最低限のマナーを守ることも非常に重要となります。

マナーというのは、その場にいる人が不快感を引き起こさないように対応していく所作や振る舞いのことを表しています。就職活動では社会人となっていくためにビジネスで欠かせないマナーが問われていきます。TPOに合わせた服装や言葉遣いなどがイメージされます。実際に面接などにいく前にチェックしておかなければならないのかというと、そうでもありません。肝心なのは不快感を相手に与えないということです。

では就職活動でマナーがどのくらい響いてくるのでしょうか。実際のところ不合格となるケースもありますが、よほど度を越していなければ影響の度合いは小さいといっていいでしょう。人に会ったらしっかりとお辞儀をして挨拶ができたり、電話応答で敬語をしっかりと使えたりと、普段の生活で常識といえる範囲のマナーを守っていれば問題ありません。相手が敬意を払っていると思われればクリアと言えます。実践してマスターしていく人も多いです。そこで就職活動で起こりえる各シチュエーションにおいて、どのようなマナーが必要になってくるのか紹介をしていきます。最低限のマナーを知っておくと、印象も大きく変えることができるでしょう。

~PICKUP~
全国の求人情報が簡単に探せる求人サイトです・・・求人サイト

履歴書などのマナー

会社に面接などを希望する際に、最初に行わなければならないのが履歴書などの送付になります。最初の作業となりますので、どのようにすれば失礼が・・・

会社説明会のマナー

履歴書やエントリーシートが通ると、次は会社の研究のために説明会などに出向くことになります。時には多くの就活生と一緒に説明会に出席すること・・・

面接におけるマナー

いよいよ就職活動最後の難関、面接という場面でマナーが悪いと言われてしまうとあっさりと不合格になってしまいます。まず身だしなみですが、相手に失礼がないよ・・・